ツアー日記をちょっとだけ。

今年は本当に忙しい一年でした。「無理のないペースで…。」なんて言いながら、気付いてみたらトップスピードで駆け抜けてた(笑)…そんな一年だったような気がします。

さて、年の瀬にまでずれ込んでしまいましたが(笑)、ツアーを振り返ってみましょう。

10月18日(土) 名古屋TOKUZO

いよいよ秋ツアーがスタ-トしました。

久々の旅支度ということで、ちゃんと用意が出来ているのか気になって何度もバックを開け閉めしてしまったよ(笑)。

11時過ぎの新幹線で、「いざ名古屋へ~!」

今回も、僕と円さんそしてインターブレンドの江口さんの3人旅です。

初日だというのに、東京駅から乗ったのは円さん独り。僕は品川駅から。江口さんは新横浜からとテンデンバラバラ!大人な旅とでも言いましょうか。新横で「ち~っす!」と挨拶を交わし、やっとツアーモードになりました。



名古屋Tokuzo 9ヶ月ぶりだけど懐かしいような…。



階段が雰囲気あるんだよね。ブレブレで分かりにくいか〜。

14:00前には会場に到着。まずは弦の張替えから。1本張る毎にライブモードが高まってゆく。

ヤイリギターのMさんも来てくれた。さあリハーサルだ!

初日なのでほぼ全曲をチェックする。何度か「ありゃ!」とか「あちゃ~!」とか発声する状況があった。本番は大丈夫か~(笑)?

ドラムのチェリーも登場!偶然にもガガーリンのライブが名古屋であるのだという。

トリビュート以来だったけれど、相変わらずの柔らかい笑顔が嬉しかった。

チェリーの「途中で帰りますけど頑張って下さい。」の声に送られ

17:30定刻にライブがスタート。

拍手に迎えられながらステージに出てゆくと、会場の雰囲気が妙にゆるい(笑)。

夏のツアー以来、ゆるい雰囲気が定番になってしまったのか…(笑)。

おかげでリラックスした状態でスタートできたよ。ありがとう!

それでもさすがは初日。ミスがちょこちょこ顔を出す。

最後まで何とか辿り着いた感じだったよね。本当にごめんなさい!深く反省です。

出来はともかく、TOKUZOは心地良い空間だよね。又来ます!

打ち上げは中華。前回もピリ辛の中華だったけど、今回のお店の方がより本格的?前が中国の家庭の味なら、今回は少しよそ行きな雰囲気。どちらも美味いのは一緒。至福のひと時でありました。



食事は中華の名店へ。本格的な中国料理って感じ。

10月19日(日) 浜松スペースK

駅に着くとエンボス小山社長が出迎えてくれた。いつもありがとうございます!

車で会場に到着、ファミリー(本当に家族的な会社なんだよ)に迎えられ思わず笑みが。

いつもながら居心地が良い。でも…なんか最近もあったような雰囲気…何のことはない、3ヶ月前に来たばっかりジャン!しかも昼夜2公演だったし~(笑)。

楽屋に荷物を置いて、すぐに近くの鰻屋さんへ。

いや~美味い!鰻が2段に寝そべっているんですよ(嬉)。

腹が膨らんで、ゲップと眠気と戦いながらのリハーサルになった。



浜松の昼飯。二段重ねに鰻が寝そべっているのさ

リハ前にヤイリギターのMさんと談笑。地方だとヤマハのギターしか持って行けないので、何だか恐縮してしまう。今日は軽めのリハで済ましたいところだけれど、今日だけメニューが違うので(何せ3ヶ月のうちに3度目のステージだもの。笑)そうもいかない。

何だか喉が絞まる感じだ…。腹筋運動で本番に備えよう。

そして本番。今回は暗くなってからのスタートなので照明が効いている(笑)。そう、昼だとこの会場はブラインドの隙間から光が入るのだ。二日目だから気楽にできるかと思いきやメニューが…ね(笑)。それでも良いペースで終盤へ。「ON THE BORDER」の終盤、ファルセットのところで喉が絞まってきた。いったん絞まり始めるとどんどん絞まってくるので厄介なんだよね。喉に力がかからないように注意しながら、何とかアンコールまで乗り切った(かなあ…?)。終わって楽屋で着替えていると、何だか寒い…喉もチリチリしている。う~んヤバイかも。それはそうと、エンボス小山社長始めスタッフの皆様、今回も又心温まるもてなしをありがとうございました!

家に帰ったら暖かくしてすぐに寝よう…と思いつつ新幹線の中でビールで「お疲れ~!」の乾杯。そして差し入れの弁当に箸を付けて間もなく…みんなと話している声が見る見る掠れてゆく。そして発熱。いや~家が遠く感じたよ。

翌日掛かりつけの耳鼻科へ行くと、先生が「いや~、喉が水泡だらけですよ。危機一髪ですね。あと少し遅かったら声帯までいっちゃうところでしたよ。早く来てくれて良かったですよ。」と…。週末までに治さなくては。

10月25日(日) 仙台retro Back Page

11時頃の新幹線で仙台へ。心配していた喉の状態は、完璧とは言えないけれど何とかなりそうだ。ただ、鼻炎が結構酷いので鼻がねぇ…。

もう相当寒いだろうと思ってマフラーまでしてきたけど、意外に暖かい。

タクシーで会場へ。定禅寺通りから国分町を眺めながら、「最近はここでトンと飲んでないなあ…。」と一人ごちた(笑)。

リハの準備をしていたら、GIPのS君が「ず~っと下で待ってたんですよ!」と少し拗ねた顔で登場。どうやら、タクシーを降りてビルに入る時、彼に気付かずにエレベーターに乗ってしまったらしい(笑)。彼とは夏ツアー最終日のいわき以来だ。いわきの打ち上げで結構盛り上がったので親近感を覚える(笑)。いわきでこ奴は、「最初中村さんの担当になった時、何でこんな親父の担当になったんだろうと思いましたよ。全然知らないし…。」などとのたもうていたんだよ。大笑いしたけどね。



定禅寺通りから見た国分町。昼は小汚い(笑)?



このビルの上に会場が。イベンターのS君はこのやや左側で待ってたらしい。



仙台の会場。渋いレストランバーなんですよ。

ライブがスタート。二度目なので、会場の景色もお客さんの雰囲気もどこか馴染み易い。

相変わらずの中途半端な暗さで(笑)、みんなの表情が良く見えること!

心配していた喉の調子は何とか及第点かと。いや~盛り上がったねぇ~。次回はもう少し大きな会場でやりたいものだねぇS君(笑)。

打ち上げは魚の美味い店へ。牛タンは弁当で食べたからね。

というわけで、3会場分だけだけれどツアー日記を楽しんでください!

続きはT’s Crew のページでね(笑)。