抜粋!NAKATAKA SHOT 2010 !!(その3)

2010/9/3 UP 「浜松〜名古屋編」

今回は前回よりは大分ゆっくりで、9時半に我が家を出発(それでも早いよね)。横浜のEさんの家を目指した。30分ほどでEさん宅に到着。車を乗換え、いざ名古屋へと出発です。東名高速に入るといきなりの渋滞表示が…。今回もか~と不安がムクムクだったのですが、厚木を過ぎると渋滞を抜けたらしく快適なドライブとなった。前回ツアーで長野へ向かった時の「MURANO」の乗り心地を久々に味わう。う~んやっぱりどこかアメリカンな感じです。男臭い感じ?

いつも感じていることだけど、月~金の仕事モードを、会場までの移動の間にアーチストモードに切り替える訳で、目には見えないけれどそれなりに集中力が要る作業なのです。セットリストを眺めてMCを考えたり、のど飴を舐めたり、指を唇に挟んで軽い発声練習をしたり…少しづつアーチストモードになってゆくのです。そういう意味では車での移動が一番良いのかも。ただ今回は腰の痛みがあるので微妙ですけどね。浜名湖の鰻に惹かれたけれど、浜松だからきっと鰻が出迎えてくれるに違いないと浜松まで我慢。横浜から3時間半ほどのドライブで会場に到着。エンボスの小山社長&ファミリー(そう呼びたくなるスタッフなんだよね。)と久々の再会。挨拶の後楽屋に入ると、テーブルの上には鰻弁当がちゃんと待っていてくれました(笑)。

浜松のライブ会場の「窓枠」は最近改装されたらしく、観易そうな感じの会場で、楽屋も広く生ピアノもあって使い勝手が良い感じです。これからはここかもね。ライブはこれまでとは少し曲順が変更してみました。大した事件もなく(ホンとか!?)楽しい2時間半でしたねえ。終演後のサイン会の時、「覚えてる?」と声が…どこか聞き覚えの有る声だ…あっ!「△△じゃん!」。高専の同級生、しかもテニス部のマネージャーだった「△△ちゃん」でした。いや~37年振りか~!あんまり変わってないんだよね。嬉しい再会だったなあ。昔話に華を咲かせたかったけどね…いつか必ずということかな。



浜松・名古屋の旅はEさんの愛車「MURANO」で。アメリカンな走行感です。



浜松はやっぱ鰻でしょっ!それにしても写真を撮るのが遅い…もう食べちゃってるし(笑)。

朝方眩しくて目が覚めた。時計を見ると4時半…何でだよ~と思って光の方を見るとカーテンが30CMばかり開いている。あちゃ~やっちまったよ。旅慣れしている時なら絶対にこんなことはないのだ。それからは眠れないまま…思い切って起きて風呂へ。出発までやたら時間があること(笑)。10時半に出発して12時半前には名古屋に到着。さあ昼飯だ~!味噌縫煮込みうどんか、きしめんか…はたまた櫃まぶしか。選んだのはどれでもなく「寿がき屋」のラーメンだった(笑)。リハーサルがスタートしたがどうもしっくりこない。微妙な感覚なんだけど歌に入り込めないのだ。とうとうしっくり来ないままリハを終えてしまった。この日はソロでのライブ史上初めての公開録音なんだよね…大丈夫か~中村(笑)。番組はMID-FM761架空旅団平野達也の「時空旅行」。2週に渡ってほぼ全編をONAIRしてくれるとのこと。ありがたいことです。…なんて思いがどこかに出るんだなあ。事件は起きた。詳しくは言えないが、ある曲でカポがちゃんとはまってなくて、ギターの音がビビリ気味で…気にしつつやってたら歌詞を見失ってしまった。何とかしようと思うのだが続きの歌詞が出て来なくて…ハナモゲラ語になってしまった。どこかで平賀がハミングで唄い通したのに勝るとも劣らないできごとだった(笑)。ラジオを聴いた人は抜けてる曲がそうだからね(笑)。な訳で、どこかよそ行きというかイマイチなできだったかも。まだまだ修行が足りないよね。終演後すぐに出発したのに、事故渋滞などで家に着いたのは3時近かった。ちかれたび~(古っ)。



東名高速東郷PAにてパチリッ!いや〜暑い。



東郷PAにはこんなハイテク(ローテク)?機が。噴出する霧はなかなか涼しかったよ。



4度目の名古屋「TOKUZO」すっかり慣れ親しんでしまってます。Eさん腹が…8ヶ月位だなあ。



これが寿がき屋のラーメン。名古屋のソウルフードの一つだべさ。特許を持つ先割れスプーンで食べるのさ。



名古屋からの帰路にて、夕飯だす。ステーキ丼&きしめんのセットにしてみました。めちゃ混みありつくまでに30分以上もかかったのさ。

2010/9/10 UP 「広島〜福岡編」

広島空港に降り立つと、まるで沖縄にいるかと思わせるほどの日差しだったし、タクシーで市内へ向かう車窓から眺める空もホント沖縄のようだった。いくら夏は得意と言ったって…あんまりでないかい(笑)?会場のある新天地界隈に着くと、若者や旅行者で賑わっていた。最近はどこへ行っても街が淋しいので、何となく心が躍る。今日は良い日になるかも。楽屋に入って、いつものように弦を張替え、昼飯を食べに行こうと思ったのだが、腰の状態がイマイチで歩きたくないので、いつものおにぎりを買って来て貰う事にした。待つこと10分、見慣れた鳥唐揚げおにぎりセットが届けられ、待ってましたとパクつくとやさしい食感が嬉しいんだよね。美味い!ゲップと戦いつつのリハーサルと相成った(笑)。いつものように2曲目からリハを始めると心地良い音が響いた。そうQUATTROは音が良いんだよね。音響って言うまでもないけど本当に大事だよね。プレイヤーと高め合っていけるっていうか…。ライブは音響・照明・スタッフ・プレイヤー、そしてお客さんとで奏でるハーモニーなんだよね。こんな感覚でリハーサルができたせいか、本番も気持ち良かったよ~!お好み村で美味い酒を飲んだらバタンキューでした(古っ!)。



広島空港から市内に向かうタクシーの中から。まるで沖縄に居るような暑さの中、不思議な雲が…。



ランチは広島定番のおにぎり。相変わらず美味いやねえ。



お好み村にてお店スタッフをパチリッ。決して奥の女性二人組みを狙っている訳ではありません(笑)。このお店に何年通い続けているやら…。

翌朝は目覚めもすっきり。旅先で熟睡するのは珍しい。広島から博多へは新幹線での移動。今ツアー最初の新幹線は久々なので何だか新鮮だった。何故か車内はガラガラ。こんなガラ空きの新幹線も珍しい。長い長いトンネルを抜けたと思ったらどこかの駅に停車したので、何気なく駅名を見たら小倉だった。20数年振りの小倉駅…降りてみたいそんな気分だった。

「ROOMS」は、いかにもライブハウスといった感じのスペースで、長い年月いろんなアーチストのプレイをサポートして来たに違いない。楽屋も狭く居心地は決して良くないんだけど、それも含めてライブハウス感が一杯(笑)。荷物を置いて早速ランチタイム。やっぱラーメンだべさ。物販の女の子お勧めのお店へ。「かなりこってりですよ。」と言われてたけど、そんなこともないような…。こってりだけどくどくはなくて後味も悪くなかった。こくがあって美味い!替え玉の誘惑を抑えるのが大変だった(笑)。この日は朝飯代わりに、いただき物のバナナを2本食べたら胸焼けしちゃってね(泣)。本番前親戚が楽屋へ来た。母と長男そしてその友達の三人。バンドを組んでいるという高校生二人に質問攻めにあってしまった。そして彼らの音も聴かされその感想まで…(笑)。その音は若さが溢れ悪くなかったよ。自分の学生時代を思い出してしまったさ。若さに刺激されたせいか、本番も元気だったなあ(笑)。NSPがそうだったように、僕も何となく苦手意識があった福岡だけど、今回で払拭できたかな。会場のみんな、暖かい雰囲気をありがとう!久々のナイトフライトも味わえたし良い旅だった。



今ツアー最初の新幹線移動。広島から博多への移動なんだけど、ガラガラだった。



小倉駅…何十年振りかで通ってチト感動。



福岡「ROOMS」の前で。初めての会場は新鮮ですねえ。カメラマンよ、店の看板が写っとらんやないか〜!久々の博多とんこつラーメン。「こってり」と紹介されたけど、意外にすっと入る。美味かったよ。