抜粋!NAKATAKA SHOT 2010 !!(その5)

2010/9/19 UP 「東京編 ファイナルです。」

9/10、9/11と二日間リハーサルをしてファイナルに備えた。そう東京はキーボードが入るからね。11日のリハ終了後には美容院へ。少し長く重くなった髪を軽くして貰った。準備万端さ!ツアー3年の総決算だものね。

12時過ぎに家を出発、バスで駒澤大学駅へ。そこから新玉川線で渋谷で下車。コンコースを進行方向後方へ歩いて端まで行くと渋谷プライムビル入口が有る。これなら雨が降っても濡れずに済むなあ…と思いつつ会場である渋谷PLEASURE REASURE に時間通り13時少し前に到着。エレベータの中には僕のポスターが…うーむ良い感じ(笑)。楽屋に入ると、一番乗りだった。バッグから衣装を出しハンガーにかける。そしてテーブルに目をやると弁当が。食べるっしょ!あっという間に平らげゲップをひとつ(失礼!)。それから、いつものようにギターをケースから取り出し、弦の張替え作業に入る。これがリハーサルまでのルーティン…こうして少しずつ少しずつ、本番に向かって気持ちを高めていくんだよね。リハーサルが始まる。今日のオペレーターはNSPの時もお世話になっている石川さん。何の心配も要らないっしょ。2曲目から始めて途中ハショリつつ、キーボ-ドの坂さんが入るあたりから入念にリハーサルを進めて行き、独りコーナーを軽めに済ませ、最後にオープニングの曲をやってリハーサル終了。二行ぐらいで説明したけど、この間約2時間なんだよね。声の伸びも万全でバッチリさ(笑)。楽屋を訪れる知人とひとしきり応対している内に時間は刻々と経過し、本番30分前になるといよいよ着替え&髪のブローを始める。今日は美容院に行ったばかりなので仕上げ易い。トイレにも行って準備万端。ファイナルということでキャスト・スタッフで円陣を組んだ。「ファイト!」「オー!」。BGMと明かりが消え、ステージに照明が点された。「行きます。」のスタッフの声に両手で頬を張る。一歩ずつステージへ向かった。こうしてファイナルがスタートした。シートが立派な分お客さんはよそゆきな感じかも…と危惧していたのだけれど、それは無用だった。客席からの熱気は充分すぎるほどで、僕を奮い立たせた。「CLOSE YOUR EYES」からスタートし最後の曲「BAND GIRL」まであっという間の2時間半だった。二部・三部(笑)と続き3時間オーバー…楽しかった!みんなありがとう!これからもよろしく!

スタッフの皆さん・円さん・坂さん・そして友人達・家族にも感謝です。ありがとうございました。



会場の入口にてポーズ1



会場の入口にてポーズ2



会場内にあるバーカウンター



散らかっていますが、楽屋はソファーもGOODです。



暗くてブレブレですが、ホールはこんな感じです。



リハの始まり始まり。



チューニング中?マイクが顔にかぶってるよ〜!