箱根駅伝のトヨタ車に大注目!日本代表企業を応援する大事な理由!

トヨタ箱根駅伝の車がカッコいいの画像

お正月恒例の箱根駅伝がスタートしました!

選手たちと共に注目されるのが、大会をサポートしている車たち!

今年はトヨタ車が大会を全面サポートしています!

今回は箱根駅伝に登場するカッコいい車たちに注目しましょう。

ぜひ、最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク
目次

箱根駅伝のトヨタ車に大注目!

トヨタ車プリウスの画像
【参照:TOYOTA公式ツイッターより】

箱根駅伝の選手と共に今回はトヨタ車がカッコいいですね!

2022年あたりからライト、ウインカーなどに力を入れて開発しているのが、分かります。

車のデザインも大切ですが、ウインカーがLEDでなくて、電球の点灯のしかただったりすると、何処か古めかしく見えたり、テールランプもLEDの使い方ひとつで残念な仕上がりになてしまうものです。

そこを行くと、トヨタ車はグレードが低い大衆車にもLEDウインカーを採用したりと、トヨタ車を購入するユーザーに「トヨタ車を購入する安心感・優越感」みたいなものを感じさせると思うのです。

もちろん、他の日本企業の車メーカーも頑張っていますが、トヨタはうまいですね!

前置きが長くなりましたので、さっそく箱根駅伝のカッコいい車たちをみて行きましょう!

2023年のカッコいいトヨタ車たち

トヨタ車プリウスの画像
【参照:Twitterより】

新型プリウスを2023年1月米国市場で発売です。

最上位グレードは米国市場価格3万4465ドル(約450万円)

日本での発売も待ちどおしいですね!

トヨタ車クラウンの画像
【参照:Twitterより】

コチラは既に日本で発売されているクラウン。

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズから「セルシオ」「レクサス」と、クラウンの上級グレードが発売されて、クラウンの影が隠れるような存在になってしまったと心配されていました。

しかし、今度はもちろん細部のライト類にもこだわり、デザインもさることながら、ボディカラーをも、通り過ぎるクラウンを目で追いかけるてしまうような、人をワクワクさせる車になっています!

トヨタ車クラウンの価格の画像
【参照:carview!より】

価格設定も上手く、ず~っと変わらない、いいラインを狙ってきます。

トヨタは車のラインナップが多いので、更に上級グレードの「レクサス」があっても「レクサスはレクサス」「クラウンはこの価格!」

で、販売して、ファン層の心をガッチリと掴んでいるように感じます!

トヨタ車センチュリーの画像
【参照:Twitterより】

既に「白いセンチュリー」はお馴染みになったのではないでしょうか。

今年も登場しましたこのセンチュリー、豊田章男社長用に特別に作られたスペシャルモデルなのです!

トヨタ創業者の佐吉氏が生まれた年の「1867」の意味があります!

【参照:見ると欲しくなってしまうセンチュリーの魅力!トヨタ公式ツイッターより】
トヨタ車シエンタの画像
【参照:Twitterより】

コチラは新型「シエンタ/SIENTA」

どことなくヨーロッパ車の見た目をおもわせるデザインが可愛いくもあり、カッコいい!

ファミリーカー層向けの車でも、ライトや、ウインカーは当然の様にLEDを装備!

この辺りが、トヨタ車に乗っている事でも嬉しい気分になるんですよね。

レンタカーで借りても、夜間を走行するのに、現行車でありながら、「ハロゲンヘッドライト」だったら、夜道が暗いし危ないし、ガッカリするじゃないですか。

そのあたりはトヨタの戦略でもあるのでしょうか? うまいんですよね!

トヨタ グランエース車の画像
【参照:ベストカー/Twitterより】

コチラは「トヨタ/グランエース」

あまり走っているのを見かける事がありません。

何故かと言うと、車両寸法がとてつもなく大きいのです! 「(全長)5,300×(全幅)1,970×(全高)1,990㎜」

トヨタ ランドクルーザー車の画像
【参照:engcarより】

車の幅が1,970㎜と言うと、「ランドクルーザー/(全幅)1,980㎜」とほぼ同じです。

ここまで大きいと、日本の狭い道では住宅街では気を遣うのはもちろん、もしかしたら駐車場にも困る場合があります。

ただ、最近はメルセデスの「Gクラス」も街でたくさん見る様になりました。

慣れてしまえば、案外困らないのかも知れませんね!

トヨタ ノアの車の画像
【参照:Twitterより】
トヨタ ノアの車の画像
【参照:carview!より】

「トヨタ/ノア」このクラスが日本の道にはジャスト!

一番乗りやすいと言っても過言ではないでしょう!

トヨタは全面に押し出しの強い顔「オラオラ顔」である、ギラギラしたパーツを付けたデザインをノアにも採用しました。

「アルファード?」と一瞬思わせる顔でも、一回りサイズ感が小さいと、取り回しも楽に運転が可能です。

【番外編】過去に登場した車たち

箱根駅伝のアメ車
【参照:Twitterより】
箱根駅伝のアメ車
【参照:Twitterより】

過去に登場した車には「アメ車」もあったのですね!

足場用の単管パイプでしょうか? 何だか「凄い」の一言です。

アンパンマン車
【参照:Twitterより】
アンパンマン車
【参照:日刊スポーツより】

コチラは記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。

2018年に登場…いや、これは一般の人が運転する車なので、大会には一切、関係はありません。

ファンの一人として「茶化したり、悪気は一切ありません。選手には頑張って欲しいです」と日刊スポーツに取材に答えていたらしいです。

日本象徴企業のトヨタ車に頑張って欲しい大事な理由!

【参照:STARTUP DBより】

かつて日本は「ジャパン アズ ナンバー1」と呼ばれました。

「1980年台の日本経済の黄金期である安定成長期、ハイテク景気~バブル景気を象徴する言葉」として用いられた言葉です。

1989年当時、世界の時価総額が高い50社の企業のうち、日本の企業が32社もランクインしていました。

今や1社のトヨタのみ。

あれから30年以上が経ち、2023年1月現在では日本円の価値も安くなり、今や日本全体が大安売り状態です。

聞いた事がある日本企業は名前すら残っていますが、殆どの日本企業が買われている状況は、株主をみれば一目瞭然です。

大株主の名前には、必ずと言っていい程「日本マスタートラスト信託銀行」の名前が出て来ます。

1989年の日本は世界時価総額ランキングで、殆どが占めていました。

現在、日本企業として唯一残っている最後の企業が「トヨタ」なんです。

トヨタはもはや、日本を象徴する企業である事は、間違いありません。

日本人は学生を卒業して、社会へ出て働く企業として、当たり前にやってきた事があります。

「日本の企業で働き、日本にお金が流れて、日本が活性化して、日本で貰う給料が高くなる」

生活が「豊か」である事として、不自由なく日本で生活が送れる事だと思います。

・食料が高くて、ろくなものが食べられない

・光熱費が高くて家計が厳しい

・生活が厳しいから子供に習い事をさせられない…

・病気がちだけど、本当の良い医療を受けられない…

     など、数えればキリがありません・・

「豊かさ」を望む事は普通であり、「日本に生まれて良かった」と、子供~孫の代まで日本が続いて欲しいと願うのは当然です。

その最後の日本企業である「トヨタ」は日本の最期の希望であり、日本人であれば知っておかなければいけない事実でもあるのです。

最後に

いかがでしたでしょうか

今回は箱根駅伝で登場するトヨタ車がカッコいい!

トヨタが日本企業の象徴であり、頑張って欲しい理由がある事をお伝えしてみました。

これからも日本の企業としてトヨタには頑張って欲しいと思いつつ、今回はここまでです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次